《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:18-7-04

皆様は、
「人の肉体は、何にも勝るすばらしいデザインである」
という話を聞いたことがありますか?

それは外観だけではなく、
内臓や骨格といった大きなものから、
組織・細胞にいたるまで…

あたしたちがママの胎内で
この世界に順応できるような肉体になって生まれてくるそのプロセスも、
誰一人として同じものが無い…

そのこと自体が
既にすばらしい自然なのではないでしょうか?

進化を重ねたあたしたちの肉体は、
どんなに優れたヒューマノイド(ヒト型ロボット)でも再現することは不可能、
とも言われているのですが、
そんな肉体を持っていることに、普段はなかなか気づくことはありません。

これは、何かの機能が低下していたり無かったりする場合も同じで、
普段から実に巧妙なバランスを持っているな…と
あたしは思うんです。

あたし自身、左のあしに幼児期の怪我の治癒痕があり、
そのことに伴い、少々の不自由さがあるんですが、
肉体はその不自由さを実に上手にカバーしていて、
私の左右のあしのサイズや形に結構な差があることは
一見わかりにくいようになっています。

ですが、
長年の気づいていない「微調整」は、
少々肉体に齟齬をきたしていて、
その意味でも肉体は絶妙なバランスを持っているとも思います。

あたしだけではなく、
何らかのハンディを持っておられる方はどうも、
肉体全身のバランスをとても巧妙に保つようになっていたり、
足りない機能を他の器官で
(例えば視覚が不自由な場合には、耳が鋭いといったような…)
感覚を補っていることも多いようですね。

本当にあたしたちの肉体って、すばらしいのです!