《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 



《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:19-2-28

昨日は、布団に入って2秒でねました。


最近、ビュッフェスタイルのレストランが増えていますよね。
自分でいくらでも食べたい量だけをとって食べるというスタイルが
人気となっているようです。

読者様は、ビュッフェでできるだけ多くの料理を食べるためには、
コツがあるのをご存知でしょうか?

それは、一回一回あたりのもってくる食べる事の量を
少なめにするということです。

一度にたくさんの量をとってくると、
視覚で食欲を満たしてしまう場合があるんですよね。

ですから、あまり量的に食べていなかったとしても、
見た目で腹がいっぱいになってしまうわけです。

このように僕たちの食欲というのは、
味覚や嗅覚だけでなくて、
一見関係のないような視覚も影響を及ぼす場合があるのです。

なので、減量をしている場合には、
視覚を有効に活用するという方法があるんですよ!

実際に食べる事の量を多くしてしまうと、
減量には何の効果もありません。

そこで、
いかにも食べる事が大量に皿の上に盛られているような
錯覚を生み出すようなテクニックを活用してみましょう。

例えば…
減量中は食べる事制限をしますから、
実質的に食べる量も少なめになりますよね。

もし真っ白なお皿の上に少ない料理が盛られていたとすれば、
いかにもさびしい感じがします。

そこで、何か模様が描かれているような
お皿を使ってみたらどうでしょうか?

食べる事が少なかったとしても、
いろいろな色が目に飛び込んできます。

だから、食べる事の量の寂しさを紛らわせることができるわけです。

このようにちょっとした工夫でも
減量を効果的に行うことができるんですよ!

とっぴんぱらりのぷう