《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:19-1-22

効果的な減量の方法といえば、
やはり、栄養バランスのとれた食べる事をしっかりと食べて、
トレーニングして減量するという方法ではないでしょうか。

どのくらい減量したいかにもよりますが、
ある程度の体重を落としたいなら、
食生活の改善と食べる事は、減量に不可欠です。

健康的に減量するための食べる事の目安としては、
脂肪分が食べる事全体の30%未満で、タンパク質が20%くらい、
野菜やフルーツは一杯食べて、
色んな種類の炭水化物を50〜60%くらい摂るのが良いそうです。

油を抜くとか、脂肪を全然摂らないとか、
炭水化物を極端に減らしたり、抜いたりとかは、
絶対にやめましょう!

栄養の偏った食べる事で、
一時的に体重を落としたとしても、
元の食べる事に戻すと、
あっという間にリバウンドをしてしまいますし、
病気を引き起こす要因にもなりかねませんよ!

バランスの良い食べる事を摂り、間食を減らすのが、
減量には最適なのです。

また、食生活の改善と一緒にトレーニングも行ないましょう。
その時に気をつけたいのが、
トレーニングしたから、少しくらい食べても大丈夫と油断してしまうことです。

せっかくトレーニングしても、それ以上にカロリーをとってしまっては
減量になりません。
トレーニングで消費されるカロリーって、驚くほど少ないんですよね。

逆に、おかしを食べたくなった時、
このカロリーを消費するためには、
どのくらいトレーニングしなければいけないかと考えたら、
少しは間食が減るかもしれませんね。

とりあえずは、今よりもトレーニング量を増やして、
間食と外食を極力減らすことから
減量を始めてみてはいかがでしょうか。