《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

 

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。

 



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:18-6-26

特定の食材だけを食べ続ける
「単品ダイエット」という方法がありますが、
これは良い効果が現れない上に、
体質の調子も崩してしまいがちです。

ちょっと前に、
「りんごダイエット」って流行りましたよね。

このダイエット方法は、
りんごと水以外は一切口にしてはいけないという
かなりきついダイエットです。

おれの友人は、
がんばって3週間続けたそうですが、
確かに体重は減りましたが、見た目はガリガリで美しくなく、
常に空腹の状態で体力がすっかり落ちてしまったそうです。

そしてりんごダイエットをやめた後は、
結局すぐにリバウンドしてしまい、
体調がものすごく悪くなってしまったそうです。
元の健康な体質に戻るまで、とても苦労したようですよ。

他にも、
ゆで卵ダイエットやグレープフルーツダイエット、
パイナップルダイエットなど
有名な単品ダイエットがありますが…

これらのダイエット方法は、
極端に摂取するカロリーが減少しますので、
体重を短期間で減らすことはできるものの…

ひたすら同じ食材ばかりを食べるということで、
栄養が偏ってしまい体調を崩してしまいます。

摂取するカロリーがあまりに少ないので、
体質が軽い飢餓状態だと認識して、
十分なエネルギーを脂肪細胞に蓄積しようとします。

そして、
ダイエットをやめて普通の食生活に戻ったとたんに
リバウンドを起こしてしまいます。

このような「単品ダイエット」は
できれば行なわないほうがいいと思います。

規則正しい生活をして、
バランスの良い食べる事を摂り、
適度なトレーニングをしてダイエットすることが
一番いい方法だと思います。