《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。

 



《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:18-12-05

「首が痛い」「ひざが痛い」「こしが痛い」

これらは全て結果であり、
原因はその部分にはない場合がほとんどです。
打撲などの外傷の場合は別ですが…

ですから、原因が何かを考えずに、
痛めた部分を処置するだけでは、再発するのは当然です。

からだは、偏った使い方で酷使されると、
痛みによってその動きを制限しようとします。

痛みが出るのは、原因の部分とは限りません。
足指の歪みで首に痛みが出ることもあります。

つま先からひざ、こし、胸、首、頭…と
からだは非常に精密にできていて、
全てがつながっています。

それでは、からだに痛みが出たときは
どうすればいいのでしょうか?

からだに痛みが出た場合、
痛いところが悪いとは限りません。

しかしミーたち人間は、
痛みがあるとすぐに解消したくなります。

確かに、早く患部の痛みが無くなった方が、
気分はよいかもしれません。

しかしいずれ、
同じことが原因で痛みが再発してしまいます。
対症療法では、「問題の解決」にはならないのです。

問題を解決するには
「正しいからだの使い方ができるようになること」
が大切なのです。

からだに何か問題が起きたら、
原因は何かを考えてみましょう。
痛みはからだからのサインなのですから…

からだの一部を酷使しませんでしたか?
長時間、正しくない姿勢で過ごしていませんでしたか?

からだの問題を原因から解決するには、時間がかかります。
からだの歪みは、その人が何十年もかけて作り上げてきた、
動きのクセの集大成なのですから、仕方ありません。

それでも
根本的な原因を解消しなければ、
快適な毎日を過ごせませんよ!