《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:17-3-03


オハYo!!ヽ(*´Д`*)ノ 。o○(ネムィ(*σД-*)。o゚)

みなさんは聞いたことがありませんか?
「体操するのをやめたとたんに太っちゃったよ」
という元スポーツマンの言葉を…

そしてそのような人は、
スポーツマンではなかった人よりもむしろ太った人が多くいませんか?

この言葉にこそ、
筋力量を増やすことにより
基礎代謝をアップして痩せようとするシェイプアップに対する
問題点が明らかにされています。

それは、
「筋肉量は体操を休むと減少する」ということです。

これは極めて常識的なことなのですが、
ことシェイプアップの話をするときだけはなぜか忘れられがちであり、
一旦ついた筋肉量はその後の体操とは関係なく不変と思い込み、
つまり「一旦ついた筋肉は体操をやめてもずっとついたまま」と
勘違いしている人があまりにも多いのです。

もちろん、
ずっと筋力を維持するために肩こり体操や肩こり体操といった
体操を続けることができさえすれば、それはすばらしいことですが、
忙しい現代人に定期的に体操する時間を確保することは、
結構難しいことですよね?

ここでのポイントはあくまで「定期的に」です。
なぜなら筋肉は定期的に刺激を与えないと低下するため、
自分の好きなときだけジムに行って体操をするスタイルでは、
その次に体操を行う期間がある程度開いてしまうと、
その間に筋肉は低下してしまっているため、
筋力の維持ができてないのです。

ではなぜ、元スポーツマンはスポーツをやめると
スポーツを元々していなかった人より太るのでしょうか?

それはもちろん、食べ過ぎているからです。
食べすぎをどうにかしない限りは結局は太るのです。

この単純な理屈をしっかり理解しなければ、
シェイプアップは上手くいかないと思います。

―地球滅亡まであと427日―
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック
《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力をレーシック手術で回復させちゃおう