《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック



《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:14-5-17


減量には
いろいろな方法がありますが、
中でもお風呂を使った減量というのが
注目されているようですね。

お風呂に入ることで、
なぜ減量効果が期待できるかというと…

お風呂に入ること体質が温まり、
血行が促進されるという効果が期待できます。
血流が良くなることによって、
体質中の細胞に栄養分を届ける効率もアップします。
すると、細胞の働きも活性化し、
結果的には消費されるエネルギー効率も良くなるというわけです。

以上が、
お風呂減量のメカニズムと言えます。

…と言う事は、
お風呂の入り方によって、
より大きな減量効果を
得ることができるかもしれないですよね?

それは、
食事をする前に入浴をするということです。

食事をする前に入浴すれば、
胃液の分泌をおさえることができます。

胃液がより多く分泌されると、
空腹感を感じることになりますし、
より多くの食事を食べることもできてしまいます。

ところがあらかじめ入浴をすることによって、
胃液の分泌をおさえることができるようになるのです。

結果的に、
食欲の増大を抑えることができ、
食事の量を自発的に抑えることができるようになるわけです。

「自発的に」抑えることができる
というところがポイントです。

強制的に食事の量を抑えてしまうと、
どうしてもストレスを感じます。

でも、食事の前にお風呂に入るようにすれば
余計なストレスを発生させませんから、
継続的に減量を実行することができるわけです!

おしまい!!!
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック
《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力をレーシック手術で回復させちゃおう