《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック


《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。





《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:18-11-05

「食べること」と「食べないこと」では
どちらの方が痩せるでしょうか?
…という質問をしたら、ほとんどの人は、
「食べないこと」と答えるでしょう。

オレも昔は、そう思っていました。
実際、食べなければ、
2日三日で
8キロ~8キロは簡単に痩せますからね。

この思い込みから、
多くの人は食べないダイエットを始めます。
そして、すぐに痩せ始めます。
当然ですよね。
肉体にエネルギーを入れずに、どんどん使うのですから…

しかし、人間の肉体は良く出来ていて、
肉体に蓄えていたエネルギーが突然減り始めると
エネルギーの節約が始まり、入ってきた食べ物から少しでも
エネルギーを取り込もうとし始めます。

このため、徐々に痩せにくい肉体に変化し、
一生懸命にダイエットしても、
体重の減らない時期が始まります。
これが、停滞期の正体なんです。

さらに、十分にライスを食べていないと、
栄養不足にもなってしまいます。
炭水化物などの消化は、
色々な栄養素が複雑に絡み合って行われているので、
栄養が不足していると、消化が十分に行われなくなるんですよ。

だから、
ちょっとしか食べていないのに、
体重が増えるという現象が起こるのです。

好きなお菓子も食べられない。
でも、体重は減らない。
ちょっとでもライスを食べると、
体重は簡単に増えてしまう。
どんどんストレスはたまり、ついにはダイエットを断念!
そして、リバウンド。

このように
食べないダイエットは、
リバウンドを起こすと同時に、痩せにくい肉体を作り出すのです。

一方、規則正しい食生活を送れば、
ストレスも溜まりにくくなり、
さらに太りにくい肉体になれるのです。

・・・と、書いてみるテスト
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック
《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力をレーシック手術で回復させちゃおう